国分寺市の整体 頭痛 不眠 肩こり 腰痛 膝痛 自律神経なら国分寺整体からだばらんすへ

国分寺整体からだばらんす

東京都国分寺市本町4-13-13-101 国分寺駅北口から徒歩3分

時間 9~19時 予約制

定休日 日曜・祝日

もう大丈夫ですよ!
悩む前に、まずはお電話下さい

042-313-7881

慢性疲労症候群【国分寺整体からだばらんす】

このページは2022年9月1日に更新しました。

国分寺整体からだばらんすでは日本で唯一当店だけの整体技術「自律神経整体」を使い、全身のバランスを取り戻し、痛みの根本原因を取り除く事により、今まで病院や接骨院、整体院に行っても改善が見込めなかった方を改善へ導いていくことができるのです。

そのいずれも痛い場所ばかりを追って、全身のバランスに不可欠な「自律神経」に着目せずに体の歪みだけを原因にしているのが現状です。体の歪みのほとんどは「筋肉」「内臓」「循環」などをコントロールする、「自律神経の乱れ」からくるという事実を基に生み出された、独自の理論が当店の施術です。これを受ける事ができるところは全国でも数少ないのです。

しかもそれだけではなく、整体をした時だけ楽になっても仕方がありません。あなたの生活習慣から、からだの使い方を治さなければまた同じように症状をくり返してしまうからです。そこで当院では再発しにくい身体になるよう、セルフケアストレッチまで指導を致します。

更年期の母を救いたい!治療家人生の始まり」

国分寺整体からだばらんすの池田です。
私の治療家人生は、母の症状を治すために始まりました。母は40代半ばから、ひどい更年期症状に悩まされ、ついには楽しかった仕事も早期退職し、療養を余儀なくされました。更年期の症状で顔の汗はダラダラ、動機、めまい、寝ても寝ても疲れが取れず、起き上がることさえできない日々が続きました。 

 

たくさんの治療を試しました。病院、鍼灸、マッサージ、健康食品、気功…。自分自身も、柔道整復師や鍼灸師の免許まで取り学び続けましたが、しかし、結局どこへ行っても、どんな方法を学んでも、改善しませんでした。 

  

「本物の手技との出会い。そして修行の日々」

  

ありとあらゆる改善方法を探していた時、今の師匠と出会いました。今まで見たこともない方法で、あっという間に改善してしまったのです。 師匠は、赤ちゃんからお年寄りまで最初はつらそうにしていても、帰るときには笑顔で帰っている。今まで自分が学んで来た常識は、その瞬間、音を立てて崩れました。そして、この手技こそ本物だと確信しました。 

母を救いたい。そして師匠のようにたくさんの人に笑顔になってもらいたい。そんな思いで、師匠に弟子入りし、修行の日々が始まりました。 

  

悩み、迷いながら1日何十時間も施術に明け暮れる日々でした。その甲斐あってか、非常に多くの患者さまに駆け込まれ、プロの治療家のセミナー講師、一般の方向けの整体教室を依頼されるようになりました。   

 

「地域ナンバーワン治療院へ。終わりなき研究の旅」 

  

今でも、年間何百万も費やし、整体、鍼灸、古武術など良いと言われるものは、学び研究をしています。そんな姿勢を評価して頂いてでしょうか。地域では類をみない、独自の理論を確立し、トップクラスの整体院になりました。 

  

更年期症状や産後うつ、不眠、生理痛など自律神経の乱れ、失調に強い治療院として、今ではご紹介でご来院される方が多く、予約も大変取りにくくなっており、皆さまのご理解とご協力なしでは、成り立たない状態です。 

  

この期待に応えるべく、地域ナンバーワンの院という責任と自負の元、日々、研究研鑽を重ねています。これからも、生涯を通じて、あなたと家族の健康をサポートする最後の砦であり続けられるよう、精進を重ねていくことをお約束します。  

慢性疲労症候群でお悩みのあなたへ

こんにちは。
国分寺整体からだばらんすです。

最近よく聞くようになった「慢性疲労症候群」

ただ原因がわからないことも多く、こちらでは症状、原因についてまとめてみたのでご紹介します。

目次

  1. 慢性疲労症候群とは
  2. 慢性疲労症候群の症状
  3. 慢性疲労症候群の原因
  4. 慢性疲労症候群の予防と改善

慢性疲労症候群とは?

慢性疲労症候群とは、「慢性疲労」とは違い、原因の分からない極度の疲労感が長期間続く病気です。

休んでいても改善しなかったり、摂食障害や不眠などを患っている場合は注意が必要です。
血液検査も含む全身の検査をいくら行っても異状が見つからないとき、慢性疲労症候群が疑われます。

 

慢性疲労症候群の症状

●微熱・頭痛・のどの痛み

慢性疲労症候群の代表的な症状として微熱があげられます。微熱が半年以上にわたって持続します。
鎮痛解熱剤などのを用いても熱があまり下がらないことも特徴といえます。また、風邪をひいた時のような、のどの痛みや頭痛がするようになることがあります。


疲労感
日常生活に支障をきたすほどの疲労感が続きます。

ちなみに仕事や育児などの、疲労がはっきりしている場合は「慢性疲労」であり、慢性疲労症候群には当てはまりません。


筋肉痛
全身または特定の部位に激しい運動をした後のような筋肉痛が現われ、動く事ができないほどの痛みになることがあります。


不眠と過眠
自律神経の異常により、寝つけない、眠りが浅い、早く目が覚めてしまうなどの「不眠」や、朝起きられない、日中に極度の眠気に襲われるといった「過眠」の症状、さらにはこれらが、一日のうち同時に現われることもあります。


気分障害
うつ病に似た症状がでて、気分の落ち込みが続き、仕事にでられないほどまでになる場合があります。一般的には、うつ病の症状は朝に重く、午後に軽減される傾向がありますが、慢性疲労症候群の場合、午後のほうが憂うつ感が強まる傾向にあります。
また、注意力や集中力の低下などもみられます。物忘れがひどくなるなど、認知症のような症状がでる場合もあります。

 

慢性疲労症候群の原因

慢性疲労症候群は診断が難しいこともあって、原因不明とされるケースも少なくありません。

しかし、疲労に関する研究では、ウィルス感染が影響している病気であることがわかってきました。
ウィルスといってもその多くは過去(子どもの頃など)に感染し、体内に潜んでいるウィルスです。
ストレスや疲労が長期間続くと、身体を守っている免疫系や神経系などの防御作用が低下します。
それをきっかけに、潜伏していたウィルスが再活性化し、様々な症状を引き起こすと考えられます。

原因となるウィルスとして、発熱やのどの痛みなどの症状を引き起こすEB(エプスタイン・バー)ウィルスや、患者さんの胃に多くみられる慢性エンテロウィルスなど、いくつかのウィルスの関与が指摘されていました。ウィルスは直接の原因というよりも、発症を早める要因と考えられています。

しかしウィルスが要因とはいっても、現在はまだ慢性疲労症候群かどうかを特定する決め手はありません。

ウィルスが再活性化すると、それに対抗するための免疫物質が大量につくられます。
過剰につくられると、脳や神経系、ホルモンなどにダメージを与え、その結果、脳の血流を悪化させたり、自律神経やホルモンバランスに悪影響を及ぼし、強い疲労感・倦怠感や頭痛、微熱、集中力低下など、日常生活に支障をきたす症状が出てしまいます。

私たちの身体は、神経系、ホルモン系、免疫系の3つがバランスを保って働いています。
ストレスをきっかけにして神経系の働きに異常が生じ、免疫の働きが低下すると、体内に潜伏していたウィルスが再活性化されます。
そして再活性化したウィルスを抑え込むために、体内では免疫物質が過剰につくられるようになります。この過剰につくられた免疫物質が、脳の働きに影響を及ぼし、強い疲労感などの症状を起こしているという説が有力なようです。

 

整体治療はこちらをクリック

慢性疲労症候群の改善方法

 慢性疲労症候群の治療は、薬物療法が中心に行なわれます。そのなかでも、主になるのは「捕中益気湯」などの漢方薬を用いて、身体の免疫力を高める治療です。そして、体内の活性酸素による細胞の障害を防ぐため、抗酸化作用をもつビタミンCを大量に服用します。  

 他にも抗ウイルス薬や免疫調整剤が使われることがあり、これらの投与によって免疫系の回復を目指します。また、うつ病向けの薬が効果を発揮することがあり、抗うつ剤、精神安定剤などが使われることもあります。

 また、内科的な治療による効果がみられない場合、ストレスに対処するための方法を患者と医者が話し合いながら見出していくための、カウンセリングによる治療も行なわれます。

EBウィルスなどの体内に潜むウィルスは、たとえ感染していても健康な人の場合には活性化しません。

日頃から免疫力を低下させないような生活を心がけることが、一番の予防・改善方法だといえます。

 

ストレスをためない
慢性疲労症候群のきっかけになりやすいのが、ストレスの蓄積です。仕事や家事、育児などのストレスを避けることは難しい面がありますが、その一方で、自分で余分なストレスをためこんでいることもあります。夜更かし、アルコールの飲みすぎ、パソコンのやりすぎ、紫外線を長時間浴びる、風邪を放置するなどです。こうしたストレスをできるだけ避けることが大切です。
 

適度な運動をする
運動はやりすぎると、かえって身体的なストレスとなります。でも適度の運動は、リフレッシュ効果もあり、免疫力を高めます。散歩やウオーキング、プールでの水中歩行など、気分転換をかねた軽い運動を習慣にしましょう。
疲労状態が続くと、運動をやる気が起こらなくなることもあります。その場合には医師やスポーツクラブのインストラクターなどに相談して運動メニューをつくってもらい、目標を決めて運動をするといいでしょう。

 

食生活の見直し
食生活の偏りが、慢性疲労の一因となっていることがあります。
一般に疲労しやすい人は、慢性的にビタミンやミネラルが不足している傾向があります。
疲れがたまっていると感じたら、ニラ、タマネギ、カボチャ、アシタバ、イチゴ、豚肉、納豆などをバランスよくとるようにしましょう。

 

 

ご来店・施術の流れ

受付・施術の説明

カウンセリングシートに記入。スタッフから事前の施術の説明をします。

カウンセリング

痛み・不調の原因を見つけるため、丁寧にカウンセリングします。

検査・チェック

さまざまな検査を行い、状態を把握。原因を特定します。

施術

状態に合わせ、安心安全、やさしい施術で、根本へアプローチします。

セルフケア・今後の説明

セルフケアの説明。お体の状態から今後の説明をします。

お会計・次回予約

お会計後、次回のご予約をして終了です。

地図・Googleマップ

提携駐車場ございます

初回は1時間、2回目以降は30分まで無料です。
お気軽にご利用ください。

駐車証明書の発行手順

  1. 入庫時、精算機にて利用証明書を発行します。
  2. 利用証明書発行手順
    駐車区画番号をおす  利用証明書発行ボタンをおす  利用証明書がでてきます
  3. 受付時に利用証明書をお渡しください。
  4. 会計時に時間分のサービス券をお渡します。

注意事項
利用証明書がない場合、サービス券をお渡しできないことがございます。

「国分寺北口SSパーク」
「国分寺整体からだばらんす」から徒歩3分。
国分寺本町郵便局、アイン薬局さんの間です。

初回料金(税込)

初回カウンセリング料¥2,200
施術指導料¥6,600 

24時間ご予約フォーム

以下のフォームに必要事項をご記入の上、「送信内容を確認する」ボタンをクリックしてください。送信後、予約確定の電話連絡をさせていただきます。

整体・交通事故・はり灸・保険治療など

(例:4月1日10:00~12:00、午後 など)

(例:4月2日10:00~12:00、午後 など)

(例:4月3日10:00~12:00、午後 など)

(例:山田太郎)

(例:やまだたろう)

(例:03-0000-0000)

(例:sample@yamadahp.jp)

(例:東京都)

(例:千代田区大手町1-1-1)

(例:32歳、50代 など)

症状はできるだけ詳しくご記入ください。また施術者の希望、お子様と一緒のご来院、特別な疾患があるなども事前にお伝えください。

おすすめのページ

全身のゆがみ・頭痛・猫背でお困りの方へ

当店で症状が良くなる理由はこちら

国分寺整体からだばらんすのスタッフ紹介

もう大丈夫ですよ!悩む前にまずはお電話下さい

国分寺整体からだばらんす

あなたのお悩みを聞かせて下さい

042-313-7881

時間 9〜19時 / 予約制

定休 日曜・祝日・不定休(外部研修参加のため)

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

042-313-7881

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ご案内

営業日
 
9~19
営業時間

受付時間:
 9:00〜19:00 

提携駐車場・駐輪場あり

定休日

日曜・祝日・不定休

ご来院されている地域

国分寺市本町、国分寺市南町、国分寺市本多、国分寺市泉町、国分寺市東恋ヶ窪、国分寺市東元町、小平市上水本町、小平市上水南町、小平市学園西町、八王子市、東村山市、東京都国分寺市、東京都小金井市、東京都府中市、東京都国立市、東京都小平市

ご来院される症状

頭痛・肩こり・腰痛・膝痛・四十肩・五十肩・産前産後・顎関節・不眠・うつ・パニック・自律神経失調症

お問合せ・お申込み

042-313-7881

お気軽にご相談ください。

ご予約はこちら

お知らせ

2021年1月1日

ホームページを更新

アクセス

住所

〒185-0012
東京都国分寺市本町4-13-13-101 国分寺駅徒歩3分

詳しい行き方はこちら